おはようございます!

刑務所において自分が生活する舎房はいくつかある

昼夜間独居房(これは文字通り1日中1人部屋にいる事だ、作業も部屋の中でやる)

夜間独居房(これは昼間は工場に作業に出かけ作業終了後は1人で独居房で生活する)

雑居房(数人で団体生活する)

保護房(これは自殺などの恐れのある人や、、または自殺未遂を犯した人を入れてカメラで監視している房)

問題がある人が入る保護房は別として通常受刑者は上3つの舎房のどれかで生活する

その中で夜間独居房、雑居房どちらが人気かと言えば断然夜間独居房だろう

刑務所で何が大変かと言えばそれは断トツで人間関係だろう

雑居房の様な閉鎖された逃げようの無い空間で人間関係がこじれるとこれは面倒くさい

だからと言って昼夜間独居房の様に1日中房から出られず人と余りしゃべる機会が無く何年も過ごすのは辛すぎる

だから昼間は工場に作業に出かけ休憩時にはみんなと話も出来て、夜は誰にも気を遣わず1人で過ごせる夜間独居房は人気だ

俺が府中刑務所にいた時はこの夜間独居房にいた

工場に出て作業をするのが前提の、夜間独居房と雑居房の最大のメリットは部屋にテレビがある事だ

保護房は当たり前だけど、昼夜間独居房の様に工場では無く部屋の中で作業するここはテレビが無い

テレビが有るか無いかこの差は大きい

刑務所内のテレビ事情はまた別の機会に書く事にするが

府中刑務所の様に全国でも1・2の大きさを誇る刑務所でも受刑者の急増は深刻な問題だった

俺が以前服役していた頃でもそうだったけど、全部とは言わずとも結構な数の独居房に2段ベットを入れて使ったりして対処していた

元々狭い1人部屋を2人で使う訳だからこれが嫌な奴と組まされた日には目も当てられない

幸い俺は夜間独居房を文字通り1人で使い昼間は工場で作業して皆と話も出来るし、夜は誰に気兼ねする事無く読書やテレビを見て快適に過ごす事が出来た

刑務所生活に於いて3分の2は居るであろう生活空間である舎房はどこに配置されるかで刑務所生活に多大な影響を及ぼす

受刑者にとってはまさに死活問題なのだ








                             
  ランキングに参加中 ご協力よろしくお願いします