おはようございます!

ツイにやって来ました富山遠征!
Screenshot_20190404-180355
当日は

8時に自宅を出ればいいのに

4時に目が覚めて

シャワーを浴びたり

朝っぱらから

全身ピンクで家の中をウロウロしてひんしゅくを買いながらもw

駅まで送ってもらい無事出発

大宮駅の新幹線の改札前で友人と合流

ホームで外人の女性から

「オ~ベリーピンクプリティ」と言われながらも

無事に黒部宇奈月温泉駅に到着

グリーン車にもぽつぽつモノノフがいたが

ホームに降り立ったのは

大量のモノノフ

元々全身ピンクだったが

ホームで法被を纏いフル装備完了
IMG_20190420_120142
駅前は

もう町をあげての歓迎ムード

到着したのがちょうど12時頃だったので

まずは駅前でシロエビのかき揚げそばで腹ごしらえ
Screenshot_20190421-210400
その後は隣のレンタカー屋で車を受け取り

まずはハンディキャップ席用の駐車場を使用する為に必要な手続きをしに市役所へ

町をあげてのイベントなので

会場近くは通行止め

その為の通行許可書を受け取りに行った訳だ

段取りはしてあったので

すぐに済んで友人に会場へ送ってもらった

かなり会場の近くまでは行けたが

今回は本当に大変だった

認証と外周パークは坂のかなり上で

余りの急坂に

「マジか!?」って感じ

それでも

認証はそんな事言ってられないので

根性で上がって行ったけど

着いたら着いたで

スロープの無い階段を上がった体育館の中

俺は何とか上がれたけど

車椅子の人はどうしたんだろ?

ハンディキャップ席でも

杖の人は

「今回はホントに認証が大変だった」とその話で盛り上がったw

外周パークの方は

会う約束をしてた人が何人かいたんで

行きたかったんだけど

認証よりかなり上で

心が折れて断念したw

ももクロ運営のハンディキャップ席使用者への対応は

何時も素晴らしく感謝しているが

地方の

本来ライブなどやる様な場所では無いとこでのライブなので

仕方ないのかな

そのせいなのか知らないが

ハンディキャップ席の入り口で対応してたのが

モノノフにはお馴染み

マネージャーのkwkmとtmmnの2人だった

しかし入場すればそんな事も忘れて

周りのモノノフと話したり

ハンディキャップ席に顔馴染みも出来たんで

挨拶したりして

ライブ開始を待っていた

ライブは15分遅れで始まり

この春のライブは

3年前から自治体と組んで地域活性化の為に行うと言う位置づけのライブで

ステージ上で1回目(埼玉県富士見市)と2回目(滋賀県東近江市)の開催地の市長から

今回の開催地黒部市長にバトンが渡されての開催宣言からのスタート

ライブ自体は

細かいライブレポは

他の得意なブロガーさんにお任せするとして

恒例となってる

地元の小学生150人による合唱があったり

この春のライブらしく

温かい感じの

富山まで来てよかったと思わせてくれる

素晴らしいライブでした
Screenshot_20190422-055922
因みに

この公式が上げた写真の右側の一団がハンディキャップ席です

今回は7~80人いたかなぁ

去年夏のZOZOマリン辺りから

会場によっては

こんな感じで1段高く作る様になった

ライブ終わりの夕日も最高でしょ?
Screenshot_20190421-061154

でも

黒部の夜はまだまだこれから

それは

富山参戦記2で!



                                   
          ランキングに参加中 ご協力よろしくお願いします