おはようございます!

俺の住んでる地域は

特に柑橘類の産地と言う訳では無いが

結構近隣には

観賞用に柑橘系の

ミカン

夏ミカン

ゆずなどを植えている家が多い

我が家でも

ミカン2

夏ミカン1

ゆず1を植えているが

前にも書いたけど

昔はすっぱくてとても食べられたモノじゃ無かったが

市販のモノと同じとは言わないが

まずはミカンが5~6年前から

何故か食べられる位の甘さになって来た

うちだけじゃ無くて

近所でもそうらしく

温暖化のせい?なんて噂になってたらしいけど

真相の程は分からないが

俺がネットで調べた限りでは

地域の中に1本甘い実がなる木があって

蜂などを介して交配が進んだ説が有力かなと思っている

そして問題の夏ミカン

夏ミカンとは言え

実がなるのは

ミカンと同じで秋から冬にかけて

ところが

元々観賞用(と思っていた)なので

すっぱ過ぎてとてもじゃ無いが食べられたモノじゃない・・・

と言う事を以前ブログに書いたら

柑橘類が有名な地域の方数名からコメントが来ましたよ

「イヤイヤイヤ夏ミカンって言うのは、冬に収穫して寝かせておいて、酸味が抜けた初夏に食べるから夏ミカンなのだと」

いや~

ビックリした

そうなの!?

早速ネットで調べたら・・・

●夏ミカンは酸が抜けるのに時間がかかります

夏ミカンは晩秋位から黄色く色付き始めますが、その時点では酸味が強すぎてとても食べられるものではありません。そのまま年を越し、翌春の4月頃になるとその酸味が落ち着き食べられるようになります。なので収穫時期は4月中旬から6月頃までとなります。

しかし、夏ミカンは暖かい気候を好み、寒さには弱い性質があり、気温が低くなる地方では冬に木が耐えられず実を落としてしまう事がしばしば起こります。そういう地方では年末から年明けにかけて収穫してしまい、貯蔵する事によって酸味を落ち着かせるようにしています。

●美味しくなる食べ頃の旬

上記の事を踏まえ、夏ミカンが美味しく食べられる旬の時期は4月下旬から5月下旬にかけてとなります。

ホントだ!?

すぐに家族に教えて
Screenshot_20190510-223523
早速去年から収穫して寝かせて置いてみました

そして

そろそろ良いだろうと

先日

寝かせておいた夏ミカンを実際に食べてみました
Screenshot_20190510-223625
そしたらなんと!

食べられる甘さになりましたw

こうなると

それまでは

鳥の餌だった夏ミカンは人間様のモノだw(まぁ鳥が食べてるの見た事無いけwww)

この情報は

近所の夏ミカンを植えてる家に

アっと言う間に共有されて

それまでは

せいぜいジャムを作る分以外はそのままだった夏ミカンを

去年は

近所の人達も全て収穫する様になり

毎年楽しみにしていた鳥には申し訳ない事をしてしまったwww




                                   
          ランキングに参加中 ご協力よろしくお願いします