おはようございます!

先日

俺にしては珍しく

あまり観ない

時代劇でコメディと言うジャンルだけど

何気に楽しみにしていた映画を観て来ました
Screenshot_20191130-225941
「忠臣蔵」を題材に、限られた予算の中で仇討を果たそうとする赤穂浪士たちの苦労を描いた時代劇コメディ。堤真一と岡村隆史がダブル主演し、監督・脚本を「殿、利息でござる!」の中村義洋が務めた。元禄14年3月14日。清廉潔白な赤穂藩主・浅野内匠頭は、かねて賄賂まみれだった吉良上野介に江戸城内で斬りかかり、即日切腹を言い渡される。突如として藩主を亡くした赤穂藩士たちは路頭に迷うこととなり、筆頭家老の大石内蔵助は勘定方の矢頭長助の力を借りて財源の確保などに努めるが、そうした努力や幕府への働きかけも虚しく、お家再興の夢は絶たれてしまう。それでも一向に討ち入る様子のない内蔵助だったが、江戸の庶民たちは吉良への仇討を熱望。しかし討ち入りするにも予算が必要で、その上限の都合上、討ち入りのチャンスは1回きり。予算内で仇討を成功させるべく奮闘する浪士たちだったが……。金欠に悩まされるリーダー・内蔵助を堤、ワーキングプアなそろばん侍・矢頭を岡村がそれぞれ関西弁で演じる。

タイトルの通り

あの忠臣蔵を

仇討ちや忠義と言う観点じゃなく

予算と言う経済面から面白おかしく描いた作品

ただでさえ変わった角度から描く忠臣蔵

その最たるは

忠臣蔵好きにとっては

2大見せ場と言っていい

浅野内匠頭の刃傷事件と

赤穂浪士の討ち入りを描いて無い事

ここを描いて無い忠臣蔵なんて見た事ある?www

大石内蔵助も

凄い傑物みたいな描かれ方じゃ無く

仇討ちと言うプロジェクトの

中間管理職的なプロジェクトリーダーみたいな描かれ方

賛否両論あるとは思うが

俺的には

小説や

大河ドラマの元禄繚乱で

皆が想像する

シリアスな忠臣蔵も見てるんで

その上でこの作品を観ると

ありきたりな忠臣蔵とは違い

かなり面白かった

忠臣蔵が好きな人こそ見て欲しい作品です

映画終わりには

目の前で透析してるAさんと合流して

ラーメンを食べてから帰宅
DSC_0376
やっぱり

初めて行くラーメン屋で

醤油や塩は勝負出来ないよね

ここは

ハズレが少なそうな味噌でw



                                   
          ランキングに参加中 ご協力よろしくお願いします