おはようございます!

右足に装具を付ける様になって

2年半ぐらい経つかなぁ
DSC_0239
原因は下垂足

垂足とは、下腿の外側から前面にかけて走行している腓骨神経という神経が圧迫あるいは損傷を受けることで、関節運動に対して麻痺が生じるものです。 関節には底屈と背屈という動きがあり、その中の背屈という動きができなくなってしまいます。

簡単に説明すると
下垂足原因
要はマヒしてこの上の画像の様な動きが出来無いのだ

するとどうなるかと言えば

装具を付けなきゃ右足は常にこんな感じ
下垂足
原因は下垂足だけど

そもそも

下垂足になった原因はヘルニア

腰で神経を圧迫した結果

右足がこういう事になった

まぁ

自業自得だけど

なったのは懲役に行ってた30代前半

結構長い期間独居房で座って仕事してたからなぁw

気付いたらなってた感じで

病院に行きようもなかったw

しかし問題は

この症状が下垂足と言うもので

それ用の足に付ける装具もあると知ったのは

それから20年も経った

わずか2年半前

それまでは

装具も付けずにビッコを曳いて歩いてた

何しろ右足はだらんとぶら下がったまま

歩く時に右足だけ意識して高く上げないと

だらんと下がった右足のつま先が地面や廊下に引っ掛かり

右足が前に出ないので

そのまま前につんのめってしまう

ホントに何十回転んだ事か

30代後半には透析になり

化膿性脊椎炎で寝たきりになったりして

リハビリを何回もしてたのに

俺の歩き姿を見て下垂足だって指摘してくれた理学療法士は

誰1人いなかった

でも2年半前

初めて入院した病院でリハビリをした時に

「ぷーたろーさんは下垂足ですね」と言われて

鏡に向かって歩かされて

俺の右足が歩いている時にどうなっているのか

初めてこの目で見て結構衝撃だった

でも

それより衝撃だったのは
IMG_20171113_143319
装具を借りて歩いた時だ

装具で強制的にだらんとしない様にする事で

今まで程意識して足を上げなくても良くなり

それまでとは見違えるほどびっこを曳く感じが軽減された

自分の足の症状が下垂足と言う名前だと分かれば

このご時世

ネットを使ってあれこれ検索して自分で調べる

すると

俺の場合役所に申請すれば

自分の負担も無く装具が買える事が分かり

あっという間に装具を手に入れる段取りをした

ホントに20年近く何やってたんだって感じだ

モノを知らないってのはホントに怖いねぇ

それに

その20年の間

リハビリをしたのなんて1回や2回なんてレベルの話じゃない

何で誰も言ってくれないのかね?なんて当時は思ったけど

まぁ

今となってはどうでも良いけどw

こうして手放せなくなった装具も

2年半が経ち
DSC_0244
本体は何とも無いが

留めるベルトが

汚れたり

切れたりしてきたので

買った業者に問い合わせしたところ
オルトップ
ベルトだけで交換出来ると言うので

先日仕事が終わった後に

ドライブがてらつくばまで行って交換してきた
DSC_0252
受付の前はガラス張りの作業場で

義足を作ってる人が多かったかなぁ

DSC_0254
装具は15分くらいでベルト交換出来たんだけど

衝撃の事実を知った

俺が使ってるタイプの装具なら

1年半に1回役所に申請すれば

本体ごと新品に変えられるらしいのだが

もちろん障害の程度や状況で負担額は変わるらしいが

俺の場合1級なので

負担が無いかもと言われた

まぁ

今回交換したから良いけど

今度役所に行った時にでも聞いてみよ!

装具はきれいに仕上がりました
DSC_0256
DSC_0258
一生使う物だから大事にしないとね!

せっかく茨城まで来たので

ネットで

最近ハマってる農産物直売所を検索したら

5分位のとこにあったので寄り道
DSC_0259
DSC_0260
イチゴとスイカをゲットして来ましたw



                                   
          ランキングに参加中 ご協力よろしくお願いします