おはようございます!

去年辺りだと

月に2本ペースで観てた映画も

今年は

3月の始めに

fukushima50を観て以来

コロナ自粛の影響で

楽しみにしてた

封切りされる予定の映画も

軒並み延期され

もっとも

映画館そのものが閉館してる状況だったので

ここ数ヶ月は映画どころでは無かった

でも

6月に入り

自粛が解除されたものの

コロナ自粛以前には程遠い状態で

開き始めた映画館でも

三密を避ける為に

間隔を空けて席を売るとか(その心配が要らないほど入って無かったけど)

上映作も

宮崎駿アニメや

シリーズ物の過去作を上映したりしていたが

6月も後半になり

ぼちぼち新作の上映も始まって来た

という事で

前置きが長くなりましたがw

早速

今年7本目となる

ランボー ラストブラッドを観て来ました
ランボー
もちろん

Huluで過去作を全て復習してからねw(水金の透析で全部見たw)

いや~良かった

もう

ランボー好きにはたまらないね

ただ

アクション観てスカッとするなんて言う

単純な映画では無いかな

復讐の鬼とかすまでの過程が

重いと言うか

救いが無いと言うか…

この地域では

ホントにこんな事が日常茶飯事であるんだろうなぁと思わせられる

今作を分かり易く一言で例えるなら

残虐なホームアローン

って感じかな

本家のホームアローンと違って

ランボー版は容赦無しwww

前作もそうだったけど

淡々と敵を殺していく様は

まるで殺人マシーンだ

R15になるのも頷けるシーンが随所にちりばめられている

話の内容自体は

分かり易い復讐劇なんだけど

もうアクションがね

70歳の動きじゃないwww

ラストランボー

一見の価値ありです



                                   
          ランキングに参加中 ご協力よろしくお願いします