おはようございます!

昨日は久しぶりに映画鑑賞

しかし

今回は自分がどうしても観たい映画を観に行ったって訳じゃ無く

会社に

ハッキリは知らないけど

知的ではないと思うんだけど

発達障害なのかな?

俺は別部屋で仕事してるんで

この目で見た事は無いけど

たまに

作業が思うようにいかないと

少しだけ

パニくる時がある様な

20代後半の男の子が

映画や海外ドラマが好きで

それこそ

俺の様に(最近行って無いけどw)

しょっちゅう

1人で映画館に観に行ったりしていて

週明けなんかに

「昨日○○観て来たんです」なんて言う映画が

結構俺と好みが合うんで

昼休みに

映画やドラマの話で盛り上がったりしていて



透析中に観ている海外ドラマも

きっかけは

この子のお勧めで見始めて

ハマってる感じだ

そんなKちゃんが

先日の昼休み

何の前触れもなく突然に

「ぷーたろーさんこの映画一緒に観に行きませんか?」と

スマホの画面を見せて誘って来た

唐突過ぎて

周りも

いきなりどうした?みたいな感じで

ポカンとしてたけど

断る理由も無いので

「おっ誘ってくれるなんて珍しいね、全然いいよ、行こうよ」と言う事になった

そこから2~3日何にも言わないので

こういう子は

自分のペースがあるんだろうと思い

こちらから

「どうする?」

みたいな催促は一切しなかったが

数日後

夜にラインが入り

連休中は20日以外は大丈夫ですけど、都合はどうですか?と連絡が入り

お~

ホントに行くんだと思い

19日を指定して

昨日行く事になった

実際本決まりになると

長時間2人でいて

上手くコミュニケーション取れるかな?と一抹の不安はあったけど

約束した以上迷っても仕方ない

翌日の昼休みに

細かい打ち合わせをして

暗くなる前に帰した方が良いだろうと思い

9時15分開始の回を観て

昼飯を食べて帰って来る事に決定

前々日の透析の無い日に

仕事終わりにKちゃんの家まで送っていき

家を覚えて

当日は8時に迎えに行った

観た映画は
スクリーンショット (38)
クリストファー・ノーラン監督作品のテネット

俺なんかは

ストーリーが面白そうって言うのが

観る映画を決める第一条件で

監督なんか知らないまま観てる事が大半だが

このKちゃんは

映画に付随する情報にも詳しくて

今回

この映画を観る事にしたのも

バットマンなんかを撮ってる

ノーラン監督作品だから選んだらしい

肝心の本編は

話が過去や未来に行ったり来たりして


ストーリーはやや難解だったものの

アクションも迫力があり

2時間半を長く感じさせなかった

俺でも難しかったくらいだから

観終わった後に

「後2~3回観ないと理解出来なさそうです…」と言ってたw

何時も映画館で観た後に

レンタルが出たら2~3回必ず観るみたいなんで
(大好きなスカイウォーカーの夜明けはDVDを購入したらしいw)

だから

細かい内容にも

めちゃくちゃ詳しいのかなw


帰りには

Kちゃんのリクエストで

何回かこのブログにも登場した事のある

野田マダム御用達の

サンドウィッチ屋に行き

店内で映画の話をしながら食べた
DSC_1019
遠慮してたけど

もちろん

ご馳走しましたよ

25歳くらい年上だしw

食べてる時に

映画とか決めたのが自分だから気にしてたのか

「めちゃくちゃ面白かったよ」と言うと

「ホントに良かったです」と

俺から見ると

少し大げさだなぁ位の感じで

胸を撫で下ろしていたw

よく登場するTちゃんもそうだけど

こういう子の

歳には合わない子供っぽさって

共通してるのかね?

食べ終えた足で送ろうと思ったら


「本屋に寄って良いですか?」と言うので

通り道のレンタルビデオと本屋が付いてる店に寄ったら

本と一緒に洋画のDVDも2本レンタルしてた

好きだねぇw

1度

「そんなに好きならHuluとか契約しちゃえば?好きな時に観れるよ?」と言うと

「ちょっと僕じゃ操作とか分からなそうなので…」と言うので

以降

その話には触れてないw

帰り道の車内での話も結構盛り上がり

自宅前で降ろす時に

「また面白そうな映画があったら誘ってね」と言うと

「今日はありがとうございました。また誘います」と言って

家の中に入っていったのを見て

ちょっと一安心


上手くコミュニケーション取れるのか?って心配も杞憂に終わり

映画も面白かったし

良い休日でした