おはようございます!

先日

脅かされて来ました・・・の最後で書いた

足の止血時に起った修羅場で

それが

今でもトラウマになってる件について

詳細を書くと・・・

足のPTAは

鼠径部からカテーテルを入れて血管を広げるんだけど

問題は止血

腕のシャントだと

俺が

まだシャントがあり

PTAを受けてた頃は

オペ後1時間位安静にしていて

何の問題も無きゃ

そのまま帰りだったけど

足の場合は

鼠径部に瓶や丸太の細いのみたいなのを

カテーテルを入れた股のとこで挟み

5~6時間ジッと止血していなきゃならず

問題が無い事を翌日に確認するので

入院が

2泊3日とかになるんだけど

俺がトラウマになってる件は

この止血時に起きた

オペ後に鼠径部の動脈にカテーテルを入れたので

ICUで数時間かかる止血をしていた

すると突然足の感覚が無くなり

動かそうにも

自分の意志じゃ

ピクリとも動かない

俺は普通じゃないと思い

周りのスタッフに訴えたけど

ICUで大勢看護師がいるけど

見た目には何も変わらないので

大袈裟に騒いで!位の感じで

動きが悪い

俺はキレて

「いいからすぐに検査してくれ」と言うと

エコーを押して検査技師がのんびりやって来た

ところが

検査を始めると明らかに顔付きが変わり

何を聞いても

「先生から説明します」の一点張り

検査が終わると

検査機器もそのままに

技士が飛び出していくと

先生が飛ん込んで来て

「血栓が飛んで足の動脈の血管が詰まりました。今からすぐにオペ室に戻って血栓を取ります」と言われた

そうなると半信半疑だった看護師たちも慌て出して

ICUは一時騒然となった

結局血栓は取れて事なきを得て

オペ室に入る時はピクリともしなかった足が

オペ室を出る時には

ちゃんと力が入り

この時は心の底から良かった~と思った

でも

血栓が飛んだのが

頭だったら

心臓だったら

たまたまICUにいたから良いけど

なったその時に

ICUじゃなくて

帰った後だったらって考えたら中々の修羅場でしょ(笑)

足のPTAの場合

そういうリスクもあっての

2泊3日の入院が必要な訳だ

何より

オペ室で手術とは言え

PTAでカテーテルを入れるなんて

その間

ずっと意識はあって

一部始終をこの目で見てるんだから

トラウマになるでしょ?(笑)

だから

足のPTAは気が重くて

サッサと決断って感じにはいかない

でもやるしかないんだけどね・・・


ランキングに参加中 
ご協力よろしくお願いします