おはようございます!

まぁ

昔の事を思えば

俺ごときが能書きたれるのもなんだけど

ネタも無いし

たまには政治の話題でも(笑)

最近話題になってる

政治家に支給される

文書交通費問題

元々

何に使ったかも申告しなくていい

課税対象でもない100万円を

文書交通費名目で毎月支給されることも

度々問題になって来たものの

まぁ

一向に是正される気配はないのだが

でも

今回の問題は

盲点ついてると言うか

国民がバカだと思って見下してると言うか

もう

笑っちゃうよね

10月31日投開票の衆院選挙

当選した新人議員たちは

20時開票なので

その時点で議員であり

24時までの4時間国会議員だったとみなされ

10月分の文書交通費の100万が

満額支給だって(笑)

維新の新人議員がおかしいと言い出して

大騒ぎになったみたいだけど

それに関するいろんな人のコメントを目にして

もう

感覚が違うんだなぁと思った事が

国民民主の玉木さん

今回議席も増やして

今が一番大事なはずだが

今回の件に関して

「立法府の一員としてこの制度をそのままにして申し訳ない」って謝罪してたんだけど

ビックリしたのはその後の言葉

「国民民主党としても、日割での給付を可能とするため、与野党各党との協議を進めるよう古川国対委員長に指示しました」

いやいやいや

日割りって

じゃ10月31日の

投票締め切りの20時の時点で

当確が何時に確定しようが

当選者は国会議員だと思ってるんだ(笑)

今後

今回の10月分問題が起きた時に

もらえないようにするんじゃなくて

日割りで貰えるようにするんだ

俺の感覚だと

当選証書を受け取った11月1日から

国会議員だと思っていたけど

やっぱ違うんだね(笑)

こう言う時

与野党問わず

この問題に関して

誰が賛成で

誰が反対したか

どういうスタンスで

どの政治家が

どう向き合ったか覚えておいて

投票行動に反映させなきゃいけないんだろうけど

人間

忘れる生きもんだからなぁ

何も変わらないなら

俺にも100万くれ

この考え方が1番最悪か(笑)


ランキングに参加中 
ご協力よろしくお願いします