ぷーたろーの人工透析日記はじめました。

2016/4/19に歩くのはもう無理かもと医者に宣告されるも 半年後に立ち上がり数m歩く事に成功 何とか普段の生活では車椅子を取る事に成功! 車椅子で参戦してた大好きなももクロのライブも徐々に車椅子無しで参戦!

退院に向けて

遂に退院5

こんにちは!

退院後に初めて自宅で書くブログ

今日は1年2か月に及んだ入院生活から解放される日

ここ2~3日の間は勤務日程の関係で今日会えない人からずっとお別れの挨拶をされてる

俺も「本当にお世話になりました!」って何回言っただろう

最後は菓子折り持ってナースステーションと透析室に挨拶した

菓子折りは俺も大好きな「将門煎餅」以前刑務所よもやま話 7でお気に入りにも書いた事がある

ほんの気持ちだけど一応礼儀だ

長く入院したので挨拶も気持ちが入る

リハビリとは昨日のうちに別れを済ませた

ちょうど次の透析施設に出す引継ぎの手紙の事で来た時に挨拶を済ませた

リハビリとはあっさり別れが済んだ

今更何かある訳じゃ無いけど最後までリハビリとはイマイチしっくりいかなかった

それと俺が退院すると言う事で1番仲のいいおばあちゃんがエレベーター前で見送りしてくれた

俺は餞別代わりに残ったテレビカードを2枚渡した

このおばあちゃんとは本当に仲良くしてたので寂しそうだ

「あ~ぁ話す人が居なくなっちゃった」と言っている

俺は「体大事にして長生きしてね」と言ってお別れの挨拶をした

これで本当に長らく続いた入院記も終わって新しい生活が始まる








                             
  ランキングに参加中 ご協力よろしくお願いします

1年2ヶ月の入院生活の最後の日5

こんにちは!

長~い入院生活最後の日

明日の透析終了後には退院だ

それにしても1年2ヶ月は長かった

去年の10月14日に首の手術の為約2週間の予定で入院

しかも入院の為の荷物をもって1人で電車に乗って病院に出向いたのに・・・

今は車椅子だ

それもこれも入院時に腰が感染して化膿性脊椎炎になったからだ

その後も1年2ヶ月の間に計3回合わせて約半年の寝たきりの時間があった

約10年前にも化膿性脊椎炎で約1年入院した事がある

その時も半年寝たきりだった

しかし今回と違うのは、半年続けて寝たきりで良くなってからは残りの半年はリハビリに専念できた事だ

しかし今回は直ったと思ったらまた寝たきりになり、よくなってリハビリを始めたらまた寝たきりになってと言う感じでなかなかリハビリが出来る体にならなかった

だから1年2か月入院した今でもまだ車椅子なんだけど

前回より10歳年を取ってるのも大きいのだろう

俺ももう50歳だ

しかし感染の原因と思われるカテーテルも抜いたしシャント無しで透析をやって行く目途も付いた

年明け4日からは週3回を目途にリハビリをやって行く施設も決まった

腰の痛みは0にならないものの、座れる時間は大分長くなって来た

今度のリハビリ施設は朝から夕方までの時間の中で休みながら出来るので今の俺には1番良い方法かもしれない

まぁ長く入院してた事で、頭に来る事も色々あったけど今日で入院生活も終わりだ

1月4日から始まるリハビリは小さい目標をコマメに設定して1つずつ確実にクリアー出来る様に頑張って行こう

最終的には入院前の状態に戻したい

透析に歩いて通う・最寄りの駅に歩いて行くと言う状態だ

退院する以上もう前を向いてやるしかない

ここから始まるリハビリこそが大事だ

本番はこれからなのだ

このブログでいい報告が出来る様に何が何でも頑張るぞ!!!








                             
   ランキングに参加中 ご協力よろしくお願いします

最後の入浴・最後の歩行器訓練5

こんにちは!

今日はこの病院で入る最後の入浴日

前回の入浴後に最後の入浴は介助付きで寝たまま入る風呂では無く普通の風呂場で椅子に座ってシャワーを浴びる入浴を試したいと言ってあった

それが通り今日はリハビリの見守りでシャワーを浴びる事になった

シャワーを浴びてる間はコルセット無しで座ってなければならない

少し不安はあるけどこれが出来なきゃ退院してからの生活にも支障がある

退院後に行くリハビリ施設で入浴も出来るけど出来れば自宅で入りたい

と言ってもシャワーだけなので大丈夫だとは思うけど退院前に1度試した方が良いと思い今日試す事にした

結果は特に大きな問題は無かった

家の風呂ではここの様に椅子では無く風呂場のマットにじかに座るので最悪コルセットが無い事で腰が痛くなれば少し横になる事も出来る

椅子に座ってやるシャワーより楽なはずだ

これで最後の心配も無くなった

安心して退院できる



それと昨日は歩行器訓練をいつも通り病室~エレベーター間を休憩1回入れて2往復

そして昨日は遂にこの病院でやる最後の歩行器訓練

今回の1年2ヶ月の入院の間には3回で合計したら半年近くの寝たきりの時期があり4月には歩くようになるのは厳しいと言われた事もあったけど、諦めずにリハビリをコツコツ頑張っていたら、何とか歩行器で歩く練習が出来るまでになった
歩行器訓練
ヤッパリ人間簡単に諦めちゃダメなんだなぁ

諦めなくて本当によかった

歩けるようになるまでは、まだまだ時間がかかるとは思うけれど、ようやくリハビリが出来る体になって来た

本当に大変なリハビリが始まるのはこれからだ

1月4日からはライフケアセンターでのリハビリが始まる

年内は十分体調を整えて年明けからのリハビリに備えなくては

リハビリの第1段階が終わり第2段階に突入と言う感じだ

よし、やるぞ!








                             
   ランキングに参加中 ご協力よろしくお願いします

ライフケアセンターへ見学5

こんにちは!

1年ぶりの透析クリニックの続き

退院後通うクリニックに顔を出した後ライフケアセンターでケアマネージャーのNさんと待ち合わせまで1時間くらいあったので1度自宅に帰った

クリニックもライフケアセンターも自宅から車で10分圏内

元々透析クリニックは運動の為に歩いて通ってたくらいだし今度世話になるライフケアセンターも近くて地理的には申し分なし

待ち合わせの3時15分前に自宅を出てライフケアセンター(以降センター)へ向かう

駐車場に着くとNさんはもう待っていた
ケアセンター
挨拶を済ませ中に入ると、ここでもクリスマスツリーが飾ってあった
ケアセンター ツリー
センターの責任者の人は渋滞で少し遅れているらしく先に施設の中を見学した

案内してくれたのは理学療法士の先生で俺のリハビリの担当をすると言う事だった(以降A君)

中はかなり広くお年寄りが沢山いた

麻雀をやってる人もいれば、カラオケをしてる人もいたりパチンコ台まであった

筋トレのマシンやエアロバイクなどの機材も充実していて今いる病院のリハビリ施設よりはよっぽど充実している(話に夢中で写真撮るの忘れた)

でも誰も使っている人はいなかった

普段は分からないけどこの調子なら俺の使い放題だ

ただちょっとイメージしてたのとは違う

リハビリして良くなってまた歩ける様になる人たちが頑張ってるって言うのをイメージしてたけど、老人ホームで痴呆が進まない様にだったり最低限寝たきりにならない様にとか言う感じの人達ばかりだった

50歳の俺なんかこの施設で1番若いらしい

それでもこういう施設は40歳以上が対象らしく最近ではたま~に50歳前後の人が何人か見学しに来るらしい

いずれにしろここでは今のところ俺が1番の小僧っ子らしい、先輩たちにいじめられなきゃいいけどwww

とにかくリハビリ担当のA君には最終的には歩いて透析や最寄りの駅まで行けるようになりたいとハッキリ伝えた

「先生もリハビリの資格取ったんだから体力を維持する患者さんばかりじゃ無く、よくなって歩ける様になる患者をたまには担当するのもやる気出るでしょ?」

「ハイ、それは嬉しいですね」

「じゃぁ俺が頑張りますからよろしくお願いします」

「ハイ、頑張ってやって行きましょう」と言う事になった

先生の感じもいい、上手くやって行けそうだ

その内に責任者の人が戻って来た

ここからは施設の使い方や送り迎えなどの細かい話に移った

まず驚いたのは時間

送り迎えはしてくれるらしいのだが、昼飯も出て帰りも勝手に帰れないらしい

つまりリハビリをするのに1日センターに居なくてはならないらしい

俺は好きな時間に行って好きな時間に帰れるとばかり思っていた

食事だってセンターで出るんじゃもう想像がつく

ろくなもんじゃないはずだ

それを聞いて大きくため息をつくと責任者の人が(以降Bさん)が

「何食べるつもりだったの?」

「いや・・・コンビニかなんか」

「いや~それは無理ですね~」とその場は押し切られたが1度契約しに自宅に来るらしいからその時せめて通常食にして貰える様に頑張らねば

風呂もその時に入れるらしいが、どうするかは今決めなくてもいいと言われた

チョット予想外なところもあるけど、悪い事ばかりじゃない

病院でやるリハビリでは期間なども規制があるし、行けば1時間なら1時間決まった時間の中でリハビリをして帰るしかないけど、センターでは朝から夕方までの間に休憩を取りながらじっくり出来る

少なくとも来年の更新まで介護保険のポイント内ならどれだけリハビリをやってもいいと言う事だ

当分の間は焦って無理するより俺的にもその方が良いかもしれない

話が進んでいくと帰りは迎えに来てもらえるなら2時過ぎた位に帰ってもいいと言う事だった

まだ的外れかもしれないけど、少~し分かった様な気がした

今回のリハビリは国保などの医療保険でやるリハビリでは無く、介護保険でやるリハビリだ

要介護3で1ヶ月に使えるポイントを全部使わせないとセンターにお金が入らないと言う事じゃないかと漠然と思った

現時点で更新中で要介護いくつになるか結果はまだ出てない

そこは要介護3でも2に変わっても後から変更できるので、今月中に契約だけ済ませて実際のリハビリは年明けの1月4日から行う事に決まった

契約はケアマネージャーのNさんとセンターの責任者Bさんが退院翌日の21日の10時半に自宅に来る事になった

大体の話が終わると玄関前でNさんとBさんに挨拶して別れ病院に向かった

夕方6時からは病院でキャンドルサービスが行われることになってる

記事を書く為にもどうしても見てみたい

地元と病院がある県との境の橋を渡り綺麗な夕日を見ながら帰途に就いた
夕日








                             
  ランキングに参加中 ご協力よろしくお願いします



1年ぶりの透析クリニック5

おはようございます!

昨日の1年2ヶ月振りの自分の部屋の続き

午後1時半には透析クリニックに顔出し

何回も書いてる様に今はシャントが無く手と足に穿刺しているので
穿刺写真
退院後に通うクリニック探しには苦労すると思っていた

でも有り難い事に入院前に通っていたクリニックが手を上げてくれた

退院後にちゃんと引き継ぎの手紙を持ってそれから行ってもいいんだけど、そこは気心の知れたクリニックだし、また手を上げてくれたんだから嫌われていると言う事も無さそうだwww

何よりシャントもカテーテルも無しで透析をしてるので実際穿刺してる所を前もって見せておいた方が良いと思った

久し振りのクリニックはすごく懐かしく感じた

入院前は家から歩いて通ってたんだなぁと思い「リハビリ頑張るぞ」と改めて思った
統括クリニック
玄関を入るなり「こんにちは!ご無沙汰してます、生還しました~」と言うと

入院前と同じ若い事務の女の子がニコッと笑い「お帰りなさい、今呼んできますね」と言って奥に消えていった

待ってる間診察室が開いてたので覗くと誰もいなかった
診察室
診察室でさえ懐かしく感じる

少しするとニコニコ笑いながら「ぷーたろさん、お帰り~」と3人の看護師が来た

一通り入院中の話などをし終えると1人の看護師が「じゃぁ血管見せて」と言った

入院前はカテーテルが入っていたので穿刺の必要が無く忘れていたけど、このクリニックは技師では無く看護師が穿刺するのを思い出した

そう言えば出てきた3人の看護師はカテーテルに問題があった時に脱血はカテーテルから採って返しは血管に刺した事が何回かあったけど、その時に穿刺した事がある3人だった

血管を見たり触ったりしながら「わー難しそうだね~、でもやるしかないよね~」

「失敗しても痛いのは我慢するから、思い切って刺して、これで透析するしかないから」と言うと

「そう言ってくれると、私たちも頑張るから」と言ってくれた

その頃には通りかかった他の看護師や技師も交じり5.6人に囲まれていた

一通り話し終わると「先生に会ってく?」と言われて、そこも思い出した

先生は回診と診察位で穿刺とかしないんだった

俺は「先生は引継ぎの手紙を持って来た時に会うからいいや」と言って

「じゃぁ22日からまたお願いします」と言うと

「初回だけ診察とかあるんで1時間位早めに来てね~」と言われクリニックを後にした

1度自宅に戻り3時にはリハビリをするライフケアセンターの見学だ








                             
  ランキングに参加中 ご協力よろしくお願いします




スポンサードリンク
RSS
最新記事(画像付)
最新コメント
プロフィール

ぷーたろー

波乱万丈な人生を送ったぷーたろーが、40代にして初めて触ったパソコンを駆使して、病気の事からスポーツの事や大好きなももクロの事まで日々の生活で感じた事などを思うままにつづった、なんでもありの雑記型ブログ

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
ギャラリー
  • 8月最後のもも活!
  • 8月最後のもも活!
  • 8月最後のもも活!
  • それなら行きましょう!w
  • それなら行きましょう!w
  • それなら行きましょう!w
ブログトピックス
本ブログパーツは終了しました
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク
楽天市場
  • ライブドアブログ