ぷーたろーの何でも日記

2016/4/19に歩くのはもう無理かもと医者に宣告されるも 半年後に立ち上がり数m歩く事に成功 何とか普段の生活では車椅子を取る事に成功! 車椅子で参戦してた大好きなももクロのライブも徐々に車椅子無しで参戦! コロナでライブに行けない今はメダカ飼育にドハマり中 仕事もめだかの飼育販売になりました

創傷外来

足の傷の経過報告15

こんにちは!

2/5(日)
この記事は足の傷がどうなったかを写真とともに書き足して経過報告をして行こうと思う
足傷
                1月21日撮影
最初は去年の10月とか11月の話
秋になり乾燥肌の為か、痒くて痒くてかきむしってほんの少し傷になったのがきっかけ
糖尿は無いので何も心配せず放っておいたら年明けにはこんな事に


退院後は消毒などしてたけど良くなる気配が無くクリニックの院長に言われ1月27日には初めての創傷外来へ
糖尿が無くても血流が悪いと足先に栄養が行かずにこうなる事もあり最悪切断もあり得ると脅かされる
血管を広げ血流をよくする手術を勧められその専門医を紹介される
その診察は2月10日に決まる
この日からここで処方された薬を塗り始める
薬


創傷外来で処方された塗り薬を1日1回塗る
透析日はクリニックで塗り非透析日は自分で塗ってる
塗り始めて10日
あしきず
                 2月5日撮影
傷の周りの皮が剥けてきた
看護師曰く皮膚が薬で柔らかくなってきていて新しい皮膚と生まれ変わるのでいい事らしいが血流をよくしなければこれ以上は望めないと思うと言われた
                                          ・・・・・・つづく

2/14(火)
足傷2月11日
                 2月13日撮影

昨日は足の検査に形成外科へ(詳しくは形成外科の検査&診察
薬を塗り始めて19日
大分皮が剥けてきたけど
                  ・・・・・・つづく

2/17(金)
足傷
                2月17日撮影
薬を塗り始めて23日目
真黒だったカサブタが薄くなってカサブタ自体が浮いてきた感じ
小指の付け根の傷なんか明らかに良くなってる気がする
いいぞ~俺の足!
ガンバレ!

2/22(水)
肉ソバ
               2月22日撮影
薬を塗り始めて28日目
今塗ってるゲーベンクリームはカサブタの下に新しい皮膚を作りカサブタを浮き上がらせる薬なので2月5日に撮影したものと比べると薬が効いてるのが分かる
大分カサブタが浮いて来た

3/2(水)
3月1日
                 3月1日撮影
薬を塗り始めて30日、ちょうど1ヶ月
本当に治らない
傷が浮いて来てるとは思うけど・・・
前回からは小康状態って感じ
明日からはこの足の件で検査入院
早く治して腰の治療に専念したい
(ただ今透析なう・この記事は昨夜予約投稿した記事です)







                             
   ランキングに参加中 ご協力よろしくお願いします

検査入院をする事に5

おはようございます!

今日は朝から診察でリハビリ休んで病院に

10時半から11時の間に予約が入っていて10時10分ごろまずは
はーと
に到着

受付をすます
BlogPaint
でも呼ばれたのは12時過ぎ、2時間も待たされた

よく見ると3番診察室と4番診察室が同じ名前が書いてある

俺の担当の先生は2部屋同時に見てるらしい
診察室
3番診察室に呼ばれた俺が入ると看護師以外はいなかった

まぁ当たり前だ

俺が呼ばれる少し前に4番診察室に呼ばれて入って行った人が居るんだから

俺が入ると呼び入れた看護師も「少しお待ちください」と言って出て行ってしまい診察室はもぬけの殻
診察室
10分くらい待たされて先生が来た

「足のPTAをやるかどうか本当にどちらか決めるの難しい位微妙なんです、血流の数値は悪く無いんですよねぇ、ただ血流だけじゃなくいろんな要素が重なり合ってなので、説明もホント難しいんです」と言って紙に血管の絵をかきながら説明してくれた

「俺は正直言って腰がメインなんです、ただ整形から炎症値が怖いので足が直らなきゃ話にならないって言われてるんで」

「それじゃぷーたろーさん検査入院しましょう、動脈は今説明した通りそんなに詰まってる訳じゃ無いんです、だから2泊3日で末梢血管も検査してその結果次第でPTAもやっちやいましょう」

「でも親指のカサブタの傷が深くて骨まで行ってると切断も・・・まっこれは最悪の場合ですけど、大丈夫だと思うんですけどねぇ」と最後は脅かされた

「それじゃ入院の為の検査がいくつかあるんでそれ受けてって下さい」

今日は昼前に終わると思ってたのに・・・循環器科が遅くなったんで形成外科の診察もこれからだ

今は循環器科と形成外科の両方で足を見てる感じだ

形成外科は同じ系列の別病院
くりにっく
と言っても細い通りを挟んで向いどうし
案内
通りを渡りハートクリニックからクリニックの方へ

形成のある3階へ

こちらは待ってたらしくすぐに呼ばれた

ただ遅くなったせいか副院長はいなくて若い先生が足と切断して少し骨が見えてる中指を見てくれた

形成では足と手に薬を塗っただけで終わり「検査入院中私らも見て行きますんで」と言われ終わった

今度は循環器科で言われた検査

レントゲンと心電図はこのまま新東京クリニックで撮り

心エコーは車椅子で通りをまた渡り新東京ハートクリニックで撮る事に

これがまた待たされ、終わると会計を済ませ(支払いは無いんだけど)

また通りを渡りクリニックに戻り入院受付で説明を受けて全部終わったのが3時半

家までは車で1時間ちょっとかかる

昼飯はそのまま諦め夕食を食べる事に

それにしても疲れたし、あ~眠い

夕方救命病棟24時のそれも俺が1番好きな第3シリーズ(首都直下型地震)をやっていて4話目から後、残りを動画で全部見てたんでほとんど寝てない



検査入院は3月3日から2泊3日場合によっては3泊4日と決まった

入院詳細はまた後日









                                   
          ランキングに参加中 ご協力よろしくお願いします

形成外科の検査&診察5

おはようございます!

昨日も又検査と診察

まずは診察前に下肢のエコー
下肢エコー
エコー
検査が終わると3階へ
看板
先日は整形外科

今度は形成外科・・・ややっこしい

初めてかかる先生の予約がいれてあったんだけど
西島
廊下で呼ばれるのを待ってたらたまたま副院長と会い何故か副院長の診察室に呼ばれる
山本
実は副院長は俺が手を手術した時の執刀医
右手
この手は血管が詰まってこうなったんだけど、他院で手首から切断かもと言われ「それじゃヤダ」とこの病院に来て副院長の執刀でバイパス手術をして親指と人差し指が残った経緯があり、その俺が形成に来たので急遽副院長が見てくれる事になった

副院長は足を見るより先に「手見せて」と言って手を見た

やっぱり自分でやったので気になるのだろう

ところが手にも問題が見つかった

切断自体は形成の別の若い先生が執刀したんだけど、中指がずっと切断したところに爪のような物が見えていて、たまにぽろっと取れても又出てくるので俺は勝手に爪だと思っていた

考えてみればそんな訳ないんだけどwww

まぁ生活に支障は無いし放っておいた

でも副院長がそれを見て「これ中の骨が腐ってるのかも」と言われピンセットで爪のような物をとると少し膿が出て来た

「軟膏処方するから毎日薬縫って」と言われた

これを聞いて炎症値が安定しないのはこれか?と思い聞いたけど

「これだけでって事は無いと思う、でも足と並行してこっちも治療していくかも、そうなったら俺が見るから」となった

そんな大事じゃ無い様だけどまた1つ問題が見つかり凹んだ

そしていよいよ本題の下肢のエコーの結果

「1ヶ所血管が細くなってる所があり、循環器の先生の判断だけどこれじゃ広げる手術するかもしれないね」と言われた

「血管広げれば足は直るんでしょ?」と言うと足の傷を触りながら
足傷2月11日
「親指の傷は根が深そうだなぁ・・・骨まで行ってる可能性がありそれだと広げるだけじゃ無く治療が必要だなぁ」と言われた

「いずれにしろ今日のエコーの結果で循環器が24日の診察で判断するんだけど24日は僕んところも診察予約入れとくから」と言われた

とにかく副院長とバッタリ廊下であってヨカッタ

新しい手の問題も見つかりツイてるんだかツイて無いんだかよく分からないけど

でもこの手足を直さなきゃ腰の治療に行けないからなぁ










                                   
          ランキングに参加中 ご協力よろしくお願いします

昨日は検査と診察5

おはようございます!

創傷外来で書いた様に今日は先日撮ったMRIの結果を聞きに整形外科と創傷外来で紹介された循環器科で診察
診察室
まずは循環器科から

まぁ先生だから名前は別にNGじゃないだろう

診察すると「もう1度詳しく血流の検査をしましょう」と言う事になり早速検査に

生理検査室で検査
生理検査室
まずは両足の甲の血流検査
血流検査
血圧計のマンシェットの少し細いやつを巻いて検査

それが終わると足の親指の血流検査
親指血流検査
この親指だけの血流検査は初めてだなぁ

最後は透析患者ならやった事あるであろう検査

動脈硬化を調べる検査で両手両足に血圧計の様なマンシェットを同時に巻いて行う検査

他にも整形外科からCTや採血のオーダーも出ていて9時には病院に着いていたのに検査だけで午前中は終わってしまった

創傷外来で紹介された循環器科の受診の結果は「血流は確かに良くはないけど、ただ数値的にこれ位あればと言う数値に一応ギリギリ届くか届かないかの本当に微妙な感じ、これなら血管広げるオペがどうしても必要と言う差し迫った状態ではない」と言われた

「もしかしたら足の傷は血流じゃない可能性もまだ残されてるのでエコー検査して形成外科で見て貰おう」となった

「それで問題あれば血管を広げる事を考え、エコーの結果問題無ければ時間がかかっても薬で治す事も考えよう」となった

結局13日(月)にもう1度来院してエコー検査して形成外科で見て貰う事になった

次は整形外科でMRIの結果だ









                                   
          ランキングに参加中 ご協力よろしくお願いします

創傷外来5

おはようございます!

昨日のやっぱりネックはCRP(炎症値)なのか?の続き

午前中の腰の診察で久々に整形の主治医と会いとりあえず2月10日にMRIの予約を入れてその結果で腰をどうしていくか決めようと言う事になった

午後からは同じ町の別病院(今通ってる透析クリニックの本院)の創傷外来へ

久々の本院行きで書いた様に入院中に寝てる間に足を掻きむしって出来た傷が2~3ヶ月経っても治らずそれどころか悪化してるみたいなので本院の創傷外来へ

聞いたら足専門の創傷を外来で見るのは日本でもなかなか無いんじゃないかと言っていた

この本院とは透析になった時からの付き合いだからもう14年になるけどそんなのあるの全然知らなかった

もうPTAをこの病院で15回や20回はやってるし、入院した事もあるし、何しろ普段透析してる所で何かトラブルがあれば来なくちゃいけないのがこの本院なのだ

逮捕された時は血管の狭窄がほんの少し見られ、普通ならすぐやる状況でも無かったけど、拘置所に移送になる前にPTAをやっとけと言うので留置場からPTAをやりに来た事もあった位だ

しかも創傷外来はいつもPTAをやってたオペ室の隣にあった
創傷ケアセンター

多分見てたんだけど気にした事が無かったんだなぁ

ビックリした

創傷外来には結構人が居て結構中が大きいのにまたビックリした

診察室に診察台(ベット)が1つあって見てるんだろう位に思ってたら診察代だけで5~6台くらいあり、血流計る機械があったり専門で外来まで受け付けてるのも納得した

なんか5~6人のスーツを着た若い女性が見学していた

技師さんなのか看護師さんなのか、はたまたそれ以外の職種の人だか知らないけど医療関係者と思しき人が見学に来てるくらい本格的で驚いた

それにもう一つ驚いたのがここに来るといつも世話になってる主治医の副院長が足を見てた事だ

この副院長は今から10年以上前に俺の14年の透析人生の中で1度だけ自分の血管でシャントが作れた時の執刀医だ

この副院長以外自分の血管でシャント作りに成功した医者はいないのだ

5~6年もったんだったかなぁ

それが刑務所で閉塞してから今こんなに苦労してるんだけど・・・

当時はやっと作れたシャントで何もトラブルが無くても3ヶ月に1回は本院にシャントを見せに来いと言われていた位本当に俺がシャントを作るのは大変なのだ

でも言われるまでも無く見事に3ヶ月に1度のペースで狭窄が見つかりPTAをやっていた

それとこの本院に通い始めた頃から知ってる同じ年の看護師さんがいて俺のカルテを見ながら「ぷーたろーさん痩せたね~、体重半分になっちゃったね、それに50歳になっちゃったんだねぇ、私も先月50歳になっちゃったわよ~出会った時はお互い30代だったのにねぇ」と言われ2人で爆笑していた

話が逸れてしまったけどまず足先の血流検査

血圧計を小さくした様な物を巻いて検査

結果はすぐ出た

血流はかなり悪いようで
足傷
この足を直すには血管を広げる手術をするのが1番良いと言われた

糖尿が無いので俺は大丈夫だろうとタカをくくってたけど血流が悪いと最悪切断まであると脅された

俺は迷わずそ紹介すると言われた循環器科の専門医に予約を入れて貰った

手術自体は1日~1週間の入院が普通だと言われた

この手術を受けて血流が良くなればそれだけで傷が直る人もいるらしい

腰の事もあるのでこんな事で迷ってる場合じゃないサッサとやってしまおう

1つずつ片付けて行かないと前に進めない

それに紹介された先が午前中に行った整形外科で通ってる病院だったので「ちょうど2月10日(金)にMRI取りに行くので同じ日に予約取りたい」と言ったらその紹介された先生のその病院での外来診察の日が毎週金曜日の午前中だと言うのですんなり同じ2月10日(金)に決まった

全国的な流れなのか分からないけど、俺がいる地域は病院ごとに得意分野があり、例えばシャントオペならこの病院と言った感じで地域全体で見る様な取り組みをしてるらしい

この創傷外来でカテーテルで血管を広げる必要がある時は今日紹介された先生の所に行くらしい

もちろん自分で信頼できる人が別にいると言うならそれはそれでいいんだろうけど

俺はそんな人いないので紹介された先生の所に行く事にした

それに腰の事を考えれば同じ病院の同じ曜日に外来を担当してる先生なんて奇跡みたいなもんだ

俺は素直にラッキーと喜んだ

全てが終わり家に着くと夕方の5時過ぎだった

朝は8時半に出たので結局1日がかりだった








                                   
          ランキングに参加中 ご協力よろしくお願いします
スポンサードリンク
RSS
最新記事(画像付)
最新コメント
プロフィール

ぷーたろー

波乱万丈な人生を送ったぷーたろーが、40代にして初めて触ったパソコンを駆使して、病気の事からスポーツの事や大好きなももクロの事まで日々の生活で感じた事などを思うままにつづった、なんでもありの雑記型ブログ

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
ギャラリー
  • 三社祭
  • 三社祭
  • 三社祭
  • 三社祭
  • 三社祭
  • 三社祭
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク
楽天市場
  • ライブドアブログ