ぷーたろーの人工透析日記はじめました。

2016/4/19に歩くのはもう無理かもと医者に宣告されるも 半年後に立ち上がり数m歩く事に成功 何とか普段の生活では車椅子を取る事に成功! 車椅子で参戦してた大好きなももクロのライブも徐々に車椅子無しで参戦!

メダカ

やっぱりやってみる!

おはようございます!

めだかを飼い始めて数週間

以前に書いたけど

繁殖が目的じゃ無くて

あくまでも鑑賞が目的なので

繁殖するのであれば

めだかの産んだ卵や孵化したばかりの稚魚を

親めだかが食べてしまうので

別の水槽に隔離しなきゃいけないのだが

今回は卵が産みつけられた水草を
DSC_0568
DSC_0567
あえて隔離はせずに

他の水草等で隠れる場所だけ作り

後は自然の摂理に任せると書いたが

世話をしてるうちに

ちょっと気が変わって

勉強も兼ねて

孵化させてみようかな?と言う気になった

って言うか

孵化どころか

めだかのブランドを絞って

繁殖させてやるかっ!と

方針を180度転換w

まぁ

理由はおいおい

ただやる以上は

形から入る性格の俺は

どうせやるなら

本格的にいったるか!と

現状

丸い桶と
DSC_0699
水が入るように削られた石の置物の2つだけだが
DSC_0735
(雨だったので傘を差してる)

新たに

めだかエリアの増設を決意

こうご期待!

どうしても撮りたくなったw

おはようございます!

毎日メダカに癒されてるぷーたろーですw

暇さえあれば

メダカの前に陣取り

写真や動画を撮っているうちに
DSC_0608

撮りたくなったよねぇ

水中の動画がw

思いついてすぐに部屋に上がり

PCの前に陣取り

調べまくった結果

今のスマホを使って

そのまま水中の写真や動画が撮れる

簡易的なケースがある事が分かり

だったら

それで試そうと

すぐさまポチった

何とお値段500円www
2020-07-09 (9)
500円で水没しねぇのか?と言う一抹の不安はあったけどw

思い付いた時は

安い水中カメラ買わなきゃダメだろうと思っていたんで

かなり安上がりに済んだwww

肝心な動画はこんな感じです
https://www.youtube.com/watch?v=


因みに

スマホは水没する事も無く

今も元気ですwww

換水

おはようございます!

メダカ初心者が屋外飼育の場合

誰でも通る道と言われるのが

水槽内の藻の大発生

俺にも来ました

飼い始めと比べれば一目瞭然だ
DSC_0607
DSC_0663
桶が青だから分かりずらいが

植物性プランクトンにより緑色になったこの水

グリーンウォーターと言い

実はメダカの飼育水としては悪い水じゃない

それどころか

繁殖などに力を入れている人は

わざわざグリーンウォーターを作って飼育する位だ

ただ一方

室内で観賞用として飼ってる人にとっては

見栄えが悪いので嫌われている

俺の場合も観賞用なので

あんまり緑色ってのもと思い

水の交換をする事にした

変えると言っても

一気に変えては

その変化に付いて行けずに

めだかが死んでしまうので

前日から桶の半分位まで

もう一つの桶に水を溜めて
DSC_0660
そのまま1日置き

温度が同じくらいになった翌日に
(外の水道は井戸水なのでカルキ抜きは必要ない)

半分だけ抜き

新しい水を半分入れて完成
DSC_0699
結構綺麗になったかな?

桶の横にへばりついてる藻は取らなくても

入れてあるヒメタニシのエサだからそのまま
DSC_0682
水も綺麗にしたとこで

隣町までミジンコを買いに行き

ご褒美?に大量投入
DSC_0674
生餌も食べさせてあげないとね

たんとおあがり!www

新たにミナミヌマエビ投入

おはようございます!

相変わらず

毎週末には

水替えしたり

めだか屋に行ったり

メダカの前で陣取ってるぷーたろーです

これに欠かせないのが
DSC_0629
蚊取り線香ね

長い時間座ってるのには必須だ

金鳥の夏って感じでしょ?www(雨ばっかだけど)

最近じゃ

良く分からずに

酸性に水が傾くとまずいと言う記事を見ては

慌てて

入れるとアルカリ性に傾くサンゴの石を

ネットで購入して3つも投入したものの
DSC_0646
アルカリに傾きすぎてもよくないと言われて

またまた慌てて取り出すなど

試行錯誤しながら頑張ってますw

それに

残念ながら

当初投入したカラフルなチェリーシュリンプは
Screenshot_20200628-210402
一向に姿が見えないので

全滅したかも

それとも隠れてるのかなぁ?

まぁ

エビは難しいから

水合わせとかちゃんとしてから入れなきゃいけなかったけど

俺がいない時に届いて

気を利かした(余計な事)家族が

そのままメダカの桶に何にもせずに投入したのだw

でも今度は

チェリーシュリンプよりは簡単で

メダカと一緒でも勝手に繁殖して

エサの食べ残しなども食べてくれると言う

国産の地味な

ミナミヌマエビを20ばかり投入
DSC_0615
分かりずらいんで

ネットから拾った画像も拝借

アップにするとこんな感じ
Screenshot_20200709-181343
今度こそ

元気に繁殖してくれれば良いんだけど…

でも

地味すぎて全然見えなくて物足りないw

混泳

おはようございます!

メダカの水槽の

水草や流木や石のレイアウトも

ちょこちょこ

ちょこちょこ
DSC_0608
DSC_0789
あ~でも無い

こーでも無いと

ある程度いじり終わり

最近の

もっぱらの興味は混泳

やっぱりね

繁殖には走らずに

このメダカの桶だけで楽しもうと思うと

他の生き物も入れたくなるんだよねぇw

そこで

メダカと混泳させる事が出来る生き物を調べまくった

これが

調べると結構いて

  • ミナミヌマエビ

  • ヤマトヌマエビ

    チェリーシュリンプ等のエビ類

  • 石巻貝

    タニシ

    ヒメタニシ等の貝類

  • ドジョウ

    熱帯魚の仲間でも

    メダカとサイズが変わらない

    ネオンテトラ等
    2020-07-09 (4)
    結構めだかと混泳出来る物がいるのだけど

    熱帯魚は

    ヒーターを入れるのが必須なので却下

    何を入れるか迷い

    そこで選んだのが

    エサの食べ残しなどを食べて

    その上

    水質浄化までしてくれる優れもののヒメタニシと
ヒメタニシ
やはり

エサの食べ残しや

発生した藻を食べてくれて

カラフルで見栄えの良い

いろんな色の

チェリーシュリンプを

50匹近く投入
Screenshot_20200628-210402
エビは

中々飼育が難しいらしく

最初の水合わせとかが大事なのだが

まずは簡単に水合わせの説明

買ってきたエビを

いきなり水槽に入れるのじゃなく

まずは別容器に買って来たままの水ごと入れて
DSC_0740
これから入れる容器に浮かべて

両方の水温を同じにさせる

その上で

まずは

これから入れる水槽の水を少しだけエビの方に入れて


15分から20分したら

もう1度同じ作業をやり

少しづつ新しい水槽の水に慣らしてから投入するのが水合わせだ

この作業

多い人では3~4回する人もいる位大事な作業で

これをしないで

あまりにも違う水に突然入れてしまうと

環境の違いに適応出来ずに

天に召されてしまう場合もある

めだかだろうがエビだろうが

それ位大事な水合わせだが

今回は

俺が仕事中に届き

生き物だった為に

かわいそうに思い

何の知識も無い家族が

水合わせも何にもせずに

そのまま投入…

こりゃ全滅か?

元々隠れる性質のうえ

ガラスの水槽と違い

上見の桶なので

全然上から見えないしw

生きてるんだか

天に召されたんだか…

まぁいずれにしろ

挑戦あるのみ

これが上手く行ったら

後は

何入れようかなぁ?w
スポンサードリンク
RSS
最新記事(画像付)
最新コメント
プロフィール

ぷーたろー

波乱万丈な人生を送ったぷーたろーが、40代にして初めて触ったパソコンを駆使して、病気の事からスポーツの事や大好きなももクロの事まで日々の生活で感じた事などを思うままにつづった、なんでもありの雑記型ブログ

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
ギャラリー
  • やっぱりやってみる!
  • やっぱりやってみる!
  • やっぱりやってみる!
  • やっぱりやってみる!
  • 楽しい会でした
  • 楽しい会でした
ブログトピックス
本ブログパーツは終了しました
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク
楽天市場
  • ライブドアブログ